松本清張ゆかりの郷里 山陰・鳥取県日南町矢戸から特産品「おおえの自然薯」をお届けします
ホーム自然薯料理むかごと有機野菜のリゾットの素
商品詳細

むかごと有機野菜のリゾットの素

販売価格: 640円 (税込)
[品切れとなっております。お気軽にお問い合わせ下さい。]
チキンとむかご、野菜で丁寧に作ったコンソメスープです。リゾットやピラフのベースに、また野菜のスープとしてもお使いいただけます。
料理研究家と料理人と主婦が考案した、自然薯屋おおえの渾身の一品です!
是非一度お試し下さいませ。

むかごと有機野菜のリゾット
むかごと有機野菜のリゾットの調理例

むかごと有機野菜のピラフ
むかごと有機野菜のピラフの調理例

そもそも、むかごって美味しいの?

むかご「むかご」は、自然薯の副産物として、毎年大量に生み出される粒芋です。種芋以外に用途が見当たらなかったのですが、産地では珍味として好まれています。

そこで大柄社長は考えました。
「確かに、このままでは多くの人に食べてもらえないかもしれない。初めての人でもとっつきやすく、もっと食べやすくすれば、受け入れてもらえるんじゃないか」と。

ですが、それで商品が簡単に出来れば苦労はしません。大柄社長にとっては、自然薯もそのむかごも元々身近にあるものだったので、具体的にどうすれば一般の消費者の人が食べやすくなるのか、試行錯誤はしてみるものの、良い案は浮かびませんでした。

「私は自然薯栽培のプロだが、料理のプロじゃあない。ましてや、幼い頃からむかごを食べているから、私自身が食べづらいと思った事がない。食べづらいと思った事がない人間が、食べやすい方法を考えるのは中々難しい。本当の意味で消費者と同じ目線には立てない。」

そんな中、商工会から話がきました。困り果てた大柄社長が紹介されたのは首都圏在住の料理研究家でした。

「大柄社長」と「料理研究家」と「料理人」 そして「主婦」

彼女が考案したむかご料理のレシピに大柄社長は度胆を抜かれました。
ベースは鶏ガラをはじめ、さまざまな食材のエキスが詰まったむかご入りのコンソメスープ。これを米と煮込めばリゾットやピラフにもなり、色々な食べ方は楽しめる。炒めて塩を振ったり、生でそのまま食べていた大柄社長にとっては、衝撃だったのです。

西洋料理の食材と化したむかごの変貌ぶりに驚きつつ、いざ口にしてみると、ほのかな塩味と洗練されたバター風味の絶妙なバランスで、美味しい!と言わざるおえませんでした。慣れ親しんだむかごが、食材として新たな境地に立った瞬間でした。

もちろん、レシピがあっても、量産・製品化できなければ意味がありません。
次に商工会が引き合わせたのは、地元特産品を活用したレトルト食品の製造で実績を上げつつあった「哲多すずらん食品加工」でした。同社の社長でありながら、和洋中の料理人として長年修業を積んできたその腕は、高級レシピを手ごろな食材で、見事に再現してみせたのです。

そして、当初から気にしていた「一般の消費者の目線」でしたが、思わぬところから鋭い指摘がありました。大柄社長の妻・佐百合さんです。

「鍋でできるなら炊き込みご飯の要領で炊飯器でもできるはず。」

炊飯器で炊けるなら、これ以上の手間いらずはないからです。早速実験を開始して、炊き上がりの10分前にフタを開けるとリゾットに、そのまま満了まで待てばピラフになるというレシピが完成しました。

知恵が盛りだくさんの「簡単」に作れて「感嘆」ものの味わい

色んな立場の人間が知恵を持ち合う事によって、自然薯屋おおえの新商品「むかごと有機野菜のリゾットの素」が完成しました。田舎で愛されるむかごが西洋料理に、そして本格レシピがご家庭で手ごろに味わえます。

老若男女問わずに、美味しくいただける自慢の一品!是非一度お試し下さい。

自然薯とともに実る「むかご」。種芋として使われる事が多いが、地元の人には食用としても好まれている。

むかご

むかご


むかごと有機野菜のリゾットの素

むかごと有機野菜のリゾットの素

販売価格: 640円 (税込)
数量:  個

※売り切れ商品はカートに入れることが出来ません

ページ上部へ

関連商品
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス
Copyright(c)2006 Jinenjoya ooe all right reserved.