松本清張ゆかりの郷里 山陰・鳥取県日南町矢戸から特産品「おおえの自然薯」をお届けします
自然薯販売期間目安
ホーム自然薯販売期間についてのお知らせ

ありがとうございます。

自然薯屋 おおえをご利用・ご訪問いただきありがとうございます。

毎日多くのお客様が当通信販売サイトの「自然薯カット芋(300g〜)」をはじめとしたおおえの自然薯をお求めになります。
然しながら、自然薯の生産上の都合により通年で自然薯を提供できていないのが現状です。

そこで、訪問いただいたお客様に"自然薯の販売期間"について知っていただくため、このページを作成致しました。

自然薯の販売期間

年によって変わりますが、おおえの自然薯は大体11月~3月に販売を行っております。
天候や自然薯の成長の度合いによって生産量も変化するため、場合によっては11月以降も販売を行っていることもございますが、やはり冬から春先の時期である11月~3月を目安にしていただくのが良いかと思われます。

自然薯は春頃に種芋やムカゴを埋め、7~8月頃に開花します。
11月頃になると長い長い芋の形成が完了し、状態を判断してから収穫を行います。
そのため、販売開始時期が12月になることもございます。

美味しく良質な自然薯を提供するためにも、ご理解の程よろしくお願い致します。

通年でご購入いただける自然薯製品

自然薯屋 おおえでは自然薯を使用した独自の商品を販売しています。
もちや麺類、スイーツなどバリエーションも豊富で、自然薯の持つ風味を大切にしているので自然薯好きも納得の一品になってします。

これらの商品は通年で購入頂けるので、お土産・贈答品・自分へのご褒美などに最適です。
ここでしか買うことのできない特別な自然薯製品を是非お試し下さい。

自然薯の加工品(もち・むかご飯の素・麺類)

自然薯かきもち

日南町のもち米と自然薯をブレンドした「自然薯かきもち」。
とろりとした柔らかな食感を楽しめます。

また、鍋物と相性の良い「自然薯しゃぶしゃぶもち」や粘りと風味が特徴的な「自然薯まるもち」もございます。

自然薯もちはこちら





むかごめしの素・リゾットの素

自然薯の副産物として大量に生み出される粒芋の「むかご」。
見た目は小さくても栄養価が高く、産地では珍味として親しまれています。

このむかごを使った「むかごめし」がご自宅で味わえる「むかごめしの素」は、洗った2合のお米に「むかごめしの素」と水 330ml を入れて炊飯するだけで簡単に作ることができます。
「あごだし」と「とまとだし」の2種類から選ぶことができます。

「むかごと有機野菜のリゾットの素」はチキンとむかご、野菜で作ったコンソメスープで、リゾットやピラフのベースはもちろん野菜スープとしても使える一品です。

むかごめしの素・リゾットの素はこちら

自然薯麺 〜じねんめん〜

「自然薯麺 〜じねんめん〜」とは自然薯そのものを練りこんだおおえ独自開発の麺です。
うどんとそばの2種類があり、モチモチした歯ごたえとツルツルとした食感が特徴です。

どちらも自然薯の強い粘りにより、コシのある麺に仕上がっています。
出汁もあっさりとした鰹だしベースでそれぞれの麺に合うように調整し、普通のうどん・そばでは楽しめない独特な風味をお楽しみ頂けます。

自然薯麺 〜じねんめん〜はこちら


自然薯スイーツ

もっちり自然薯プリン

「もっちり自然薯プリン」はその名の通り、自然薯を使ったプリンです。
自然薯のトロみを活かし、卵を使用していない珍しいプリンです。

自然薯特有のもっちり感はもちろん、自然薯の風味となめらかな舌触りが好評です。
そのままでもほんのりと甘味があり、付属のカラメルソースをかけることでより甘さが際立ちます。

もっちり自然薯プリンはこちら




イチイの木(むかごのジャム付)

生地に自然薯を練り込んだバウムクーヘン「イチイの木」。
甘さ控えめでしっとりとした食感が特徴。

自然薯のむかごをおおえ独自製法でまるごとジャムにした「むかごのジャム」も付属しています。
自然薯の香りとコクが凝縮されたジャムで、違った味わいを楽しむことができます。

もっちり自然薯プリンはこちら

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス